読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなネガネをかけている

臨床心理士と小さな塾の先生をやっているOQCの雑記帳。twitterでの発言や考えたことなどをまとめています。

感情コントロールについて1

感情コントロールあれこれ

 

 少し前に、Twitterで感情調整について書きました。
その時の連続ツイートをまとめたものも作っていただきました。

 

togetter.com

togetter.com

Twitterで書いたときからしばらく経ち、書いたものを読み直してみると、分かりにくい部分や説明が不十分な所があることに気が付きました。

そこで、ブログで再度感情コントロールについて書こうと思ったわけです。

Twitterで書いたことの繰り返しになりますが、お付き合いいただけたらと思います。

 

みんな感情に興味がある

1. 感情は何のためにあるのか

 書店を覗くと「感情と上手に付き合う」とか、「怒らない技術」など、感情を扱ったものがたくさん出ています。たくさんの人達が、自分の感情や他者の感情に関心を持っているのだなあと感じます。


さて、感情はよく、ネガティヴなものとポジティヴなものでわけられます。
そして、「ネガティヴは感情は持たず、できるだけポジティヴに明るく生きていこう」なんて言われたりしますね。
それでは、ネガティヴな感情は必要ないのか?なんでこんな厄介なものが存在しているのでしょうか?

 

2. ネガティヴな感情はいらない?


 例えば、高いところから足元を見下ろした時に「恐れ」の感情を抱く人はいるかと思います。
自分がどんな感情を抱いているかの自覚はなくても、足がすくむとか、心臓の音が早くなる、呼吸が荒くなるなどの体の変化を感じる人は多いでしょう。
これは、危機的な状況に置かれていることを、脳が知らせてくれるサインです。
「怒り」に関しても同じです。体を素早く動かして攻撃や退避ができるようにするためのサインのようなものです。これがなければ、危険からいち早く退避して生き延びることは難しくなります。

つまり、ネガティヴという括りにまとめられてしまっている感情にも、大切な役目があるということです。

 

3. ポジティヴな感情はどうなの?

 では、ポジティヴな感情といわれている「よろこび」「ワクワク」「ウキウキ」などの感情はどうでしょうか。楽しい感情やウキウキする感覚は心地いいものですね。

辛い時や悲しいときに、楽しかった思い出が支えてくれることがある。

また、これからの楽しいことを考え、気持ちを切り替えることも有意義です。

よろこんでいたり、ワクワクしていたり、ウキウキと弾んでいる人は楽しそうに見えますね。うらやましいなと思う方もたくさんいるかと思います。
ずっとウキウキ・ワクワク・楽しい状態でいることは幸せなことと言えるのでしょうか。

実はそうではなくて、ポジティヴな感情だけしかないと、人間はかんたんに危険なことをしてしまいます。

2でも書きましたが、「おそれ」「不安」「怒り」などは危険に陥っていることを教えてくれるサインの役割があるからです。

 

4. 必要のない感情はない

 なんだか使い古された言い方ですが、「必要のない感情はない」のです。

ネガティヴに分類されている感情も、ポジティヴに分類されている感情もきちんと役割があります。

詳しくは次の記事で書きますが、感情をないものにしてしまうと、それは、ひずみになっていきます。

「感情」とは、脳が情報を処理する過程で起こる体の変化に人間が名前をつけたものです。「感情」に実態があるわけではなく、そこには生理的な変化があります。

だから、それを無視してしまうと、苦しくなってしまうんですね。

感情の難しいところは、感情を無視しても、その結果がすぐには出てこないところです。

まったく問題がないと思いながら生活、その間にもひずみが蓄積され、ある日ひょんなことから吹き上がってくる。それが感情の扱いづらいところでもあります。

 

5. 感情はコントロールできる

こんな小見出しですが、怪しい高価な教材を売りつける気はありませんので、読んでいただけたらと思います。

感情はある日吹き上がってくることもある、必要でいて厄介なものですが、コントロールして役立てていくこともできます。

次回は本題に入り、感情のコントロールについて書いていこうと思います。